« デジタルフォトフレーム | トップページ | おもちゃ箱の作り方 »

2008/07/11

簡単キャミソールの作り方

レースのかわいい生地が手に入りました。
汗をかくとニット地のTシャツが張り付いて暑そうなので、これでキャミソールを作ることにしました。
サイズ70がレース生地60×50くらいでできました。

作り方は以下の通り。

1.布を切る。
お子さんの胸囲×着丈を2枚、肩紐用として50cm×4cmを2枚か4枚用意します。
着丈はわきの下からオムツがちょっと見えるくらいまでの長さです。
あまり長いとハイハイの時邪魔になります。
肩紐はホルターネックにするなら2枚、両肩で結ぶなら4枚必要です。
縫い代は1cm。肩紐の縫い代は必要ありません。
肩紐を作るのが面倒なら、バイアステープでも可。



2.脇の布端を処分して、脇を縫い合わせます。
私は中表にして、ロックで一気に縫いました。

3.裾を処分して、二つ折りにして縫います。
端の処理はロックかジグザグでします。
三つ折りでもいいですが、軽くふわふわさせたいので二つ折りの方がいいと思います。
三つ巻き押さえがあると一番いいんですが。

4.ゴムでお子さんの胸囲+2センチ(余裕)の長さの輪を作ります。

5.上になる部分の布端を処理し、輪にしたゴムを通しながら二つ折りにして縫います。
ゴム通しを作ってあとでゴムを通すのでもいいですが、こちらのほうが簡単ですよ。

6.肩紐を作る。

私はバイアステープメーカーで折り目をつけ、ミシンで押さえて作りました。
テープメーカーのない場合は、アイロンで四つ折に折り目をつけてミシンで縫ってください。
幅1cmの紐が出来上がります。

7.肩紐をつけたら出来上がり。




レースが涼しげで、かわいいです。(ちなみに、布オムツカバーも手作りです。)
ギャザーは2倍とたっぷりとってあります。
空気を含んで涼しいし、見た目もいいです。
イメージ通りに仕上がって、大満足。
いろんな布で何枚も欲しくなりました。

胸の下にもゴムを入れて、アクセントをつけてもいいですね。
肩紐を結ぶタイプにして紐を長めにしてるのは、大きくなってからも着られるようにです。
(その頃にはいい具合にゴムも伸びてると思います;)
ボトムにデニムをはかせたら良さそう。
直線ばかりなので、簡単にできます。
脇の布端の処理を袋縫いに、上下の布端の処理を三つ折にすれば手縫いでもできますね。


追記

違う生地でも作ってみました。
シャーリングを入れて、裾にフリルを足しています。

作ってみて思ったのは、レースよりも硬い生地だと2倍のギャザーは広がりすぎるということ。
そこで3本ゴムを縫いこんでシャーリングにし、広がりを抑えています。
シャーリングを入れるのが面倒なら、ギャザーは1.5倍くらいにしておいたほうがいいと思います。
肩紐は4本つける場合、50cmは長すぎますね。
かわいいのでそのままにしていますが、どうでしょう・・・。
ちなみに、下の写真の着丈はフリル分の5cmほどレースのより長いのですが、短く見えます。
シャーリングをする場合は10cmくらい長くしたほうがいいようです。

同じように作っても、生地で全然違うんですね。
裁縫って難しい。でも楽しい。


« デジタルフォトフレーム | トップページ | おもちゃ箱の作り方 »

<04>手作り(その他) 」カテゴリの記事