<08>レシピ(お弁当)

2009/01/20

オイタをしたら・・・偽「日の丸弁当」

Fc34a88cc36e130e5f9a9743709b39f6
見た目は日の丸のお弁当。でも、ちゃんと底におかずが入ってます。本当に日の丸弁当にするのは、かわいそうだから止めましょう。

材料
牛丼の具  一人分 
紅しょうが  少々 
白ご飯  一人分 
梅干  1個 

1
Dc3a844ca155e4900b72a6377c024ad3 
お弁当箱の底に牛丼の具を敷き、紅しょうがを散らします。

2
223d70f2762a1b4dcdaf8cc7f608bb4c
具を隠すようにご飯を詰め、梅干を真ん中に入れたら出来上がり。

3
丼物以外のおかずでもOK。
ご飯に隠れるよう薄切りした卵焼きとウインナー、ほぐした塩鮭、漬物で作ったことがあります。

5d9734062d44a27a7ccfe8737b70bb97
プチトマトバージョン。
いたずらを越えて嫌がらせの域に。

コツ・ポイント
おかずは、ご飯に乗せても違和感のないものを選んでください。牛丼のほか、天丼やカツ丼でもおいしいのではないでしょうか。手抜きをごまかすのにも使えますね~。

帆立のオーロラ焼き

9556ee5e23bd4e02d0fa2a3fcce35049
母がよく作っていた一品。帆立とオーロラソースがよく合います。すぐできるし色がきれいなので、お弁当のおかずにとっても便利。
材料 ( 一個分 )
帆立  1個 
マヨネーズ  小さじ1 
ケチャップ  小さじ3分の1 
1
帆立を茹でるかレンジでチンしてしっかり火を通しておく。
2
水気を切った帆立をアルミカップに入れる。
3
マヨネーズとケチャップを帆立の上に絞り、広げつつ混ぜる。ソースは全体にきれいに広げなくても、焼くと広がります。
4
ソースの色が鮮やかになるまでオーブントースターで焼く(3分~5分)。
コツ・ポイント
下茹では前夜にやっておくと朝が楽です。茹で帆立でも自分で火を一度通したほうが安心。焼き終わった後油や水が出ていたら捨ててからお弁当に入れてください。たくさん作るのなら、ソースを別容器で作ってかけたほうが早いですよ。

2009/01/05

あさりのしぐれ煮

A580a34915f3cdcf2b390b415f63de77
お弁当に便利な作り置きOKのおかずです。しょうがと濃い味付けのおかげで痛みにくいと思います。朝詰めるだけです。作ったら二日はいけるので、隙間を埋めるのに重宝します。
材料
あさりのむき身  2分の1パックくらい 
しょうが  ひとかけ 
しょうゆ  大さじ1 
砂糖  小さじ1 
酒  小さじ1
 
1
アサリのむき身を細長く切ったしょうが、しょうゆ、砂糖、酒で中火以下でゆっくり煮込む。汁気が少なくなったら出来上がり。
コツ・ポイント
しょうがたっぷりがおいしいです。しょうがも食べる感じで。

オクラのマヨ和え*お弁当に

Cf731523781269b0ac513fd2a7911448
水が出ないので、お弁当にお勧めのおかずです。もちろんたっぷり作って、晩御飯にもどうぞ。
材料 ( お弁当2個分 )
おくら  2本 
マヨネーズ  小さじ1 
鰹節  少々 
1
オクラをさっと茹でて水にさらす。
2
ゆでたオクラを切って、マヨネーズ・かつお節と和える。
コツ・ポイント
オクラのカマを面取りすると口当たりが良いです。

揚げ物の日の付け合せ

34e4deae442b22db76f2583743442d20
コロッケなどの揚げ物の日、簡単にもう一品。漬け汁で洗うから、炒め煮のような感じ。揚げ物ばかりという印象が避けられます。 
材料
■ ピーマン   
■ 人参   
■ じゃがいも   
■ アスパラ   
■ なす   
などの野菜 
しょうゆ  適量 
鰹節  少々 
水  適量 
1
野菜を切って、揚げる。
2
しょうゆ、水、鰹節を混ぜたものに揚げた野菜を漬ける。
3
盛り付けるとき、油を洗うようにさっと漬け汁のなかで振りながら取り出す。
コツ・ポイント
漬け汁の味付けは、普通の煮物よりちょっと濃い目で。しょうゆの変わりにめんつゆでもおいしいです。漬け時間は必要なし。漬け汁で洗うだけでOKです。

2008/12/23

ふわふわ3色そぼろ弁当

Dbf654f8b6cebd78abc2be9ef00e1882_2   
そぼろが細かく少しとろみがあるので、ポロポロせずお弁当にしても食べやすい。卵に水を加えることでこちらも冷えてもフワフワ。
材料 ( 1人分 )
■ そぼろ   
お好みのミンチ  50g 
しょうが(みじん切り)  少々 
調味料(醤油砂糖みりんなど)  お好みで味付け 
片栗粉  小さじ2分の1 
水  大さじ3 
■ いり卵   
卵  1個 
水  小さじ2分の1 
調味料(砂糖塩など)  お好みで味付け 
■ その他   
ご飯  1人分 
キュウリ  3分の1本 
紅しょうが  適量
 
1 いり卵の材料を混ぜて、熱したフライパンでいり卵にする。できたら皿に取り出しておく。
2 そぼろの材料を小鍋に入れ、よく混ぜる。
3 そぼろの材料が良く混ざったら、火にかける。ずっと混ぜ続けること。
4 混ぜた時一瞬底が見えるくらい水分が飛び、フワフワになったらそぼろは出来上がり。
5 きゅうりは細切りにして塩を少し振って水分をペーパーでふき取る。緑はゆでたさやインゲンなど何でも良し。
6 お弁当箱にご飯をつめ、そぼろやいり卵等を乗せれば出来上がり。
コツ・ポイント
フライパンが材料に対して大きい場合は水を少し足す必要があるかもしれません。14センチのフライパンがあれば、いり卵→そぼろの順で洗わずに一気にできます。私は前夜にそぼろを作り、朝卵を炒ります。1人分なら14センチ径の鍋かフライパンがお勧め。